• 以前に本館?の方で『それは一枚の画像から始まった』・『それは一枚の画像から始まった(2)』という記事を書いたのだが、そのときは、この分野 ーつまり医療画像の自動診断ー のアタリを掴むくらいの感じでいた。ここ数年は、大量のデータを用いて機械学習の手法で画像の病変部を抽出するとか自動診断をするという試みがよくなされている。いわゆる「医療AI」というやつですね。だが、流行っている割には、(少なくとも皮膚科領域... 続きを読む
  • 前に書いた『エゴサ』が一部では好評のようなので、ちょっぴりアカデミア要素を入れたエゴサーチw私のアカデミアっぽい業績は、ECT (ElectroConvulsive Therapy:電気けいれん療法)に関するInomata H, Harima H, Itokawa M. A case of schizophrenia successfully treated by m-ECT using 'long' brief pulse. International Journal of Case Reports and Images 2012;3(7):30–34.http://www.ijcasereportsandimages.com/ar... 続きを読む
  • 作業用に学生バイトさんに配っていたTシャツなどがあるのだが、デザインに若干手をいれて、一般にも公開した。けっこうなアイテム数になってきたので、詳しいことはこちらで。おすすめは、これとこれかな。 もちろん自分でもオーダーしてみた。注文から配送まで若干時間がかかるが(2週間程度)、海外通販サイトに比べれば許容範囲内。包装は簡易ですが、必要にして十分。広げるとこんな感じ。着てみた。身長 175cm くらいで... 続きを読む
  • 医療現場において画像は重要な位置を占めている。 CT, MRI, US(超音波), Xp(レントゲン)・・・医療ドラマでも医師が難しい顔をしながらその手の画像を見ながら議論している場面はよく出てくるので、一般の人にもおなじみだろう。病院にいる分にはその医療機関備え付けの画像ビューア(画像規格の名称から DICOM ビューアと言われる)で閲覧していればいいのだが、いざ画像を学会発表用に加工したいなどというとき自分のPCにそ... 続きを読む
  • タイトル通り。ネット広告でもこれを見越してか、海外の通販サイトが表示されることが多い。製造原価が安い国で調達して、グローバル対応の e-コマースサイトで配信する、というのは上手いビジネスモデルですね。実店舗に行くより、通販で済ませられるものは通販で済ますという風潮は強化されそうだから。試しに Newchic https://jp.newchic.com/ というサイトでシャツを注文。しかし、安いですね。他にも靴やバッグなど... 続きを読む

inomata0612

猪股弘明
筑波大物理専攻卒。新技術事業団(ERATO)で走査型トンネル顕微鏡の開発に従事。横浜市立大医学部を経て医師免許取得。都立松沢病院などで精神科医として臨床に従事。
精神保健指定医。東京都医学総合研究所客員研究員。
日本精神神経学会 ECT・rTMS等検討委員会委員。